このページをクリップ

インターネットでもいか焼き購入可能!【阪神百貨店】


先日のヤクルトとの3戦目、バルディリス選手が1番に入って打線に活気が出て勝てました。

その勢いで新潟に乗り込んで、広島との2連戦を戦ってほしいと思っていましたが、結果は最悪でしたね。

先発は阪神ー福原投手、広島ー斉藤投手です。

とにかく福原投手の先発する試合は5回までに先取点を取って、試合の主導権を握らないといけないのですが、この日も福原投手は、試合の中盤でガクッとペースが落ちてしまいました。

5回に先頭バッターの梵選手にヒットを打たれ、1塁に出したランナーに盗塁されました。それも完全にウエストして外したのに狩野捕手が送球ミスをしてセーフにするというショックの残る形で進塁を許します。

続く石原選手には簡単に2ストライクに追い込むものの決めきれず、ライトにライナーを打たれます。この辺りをおかしな位置で守っていたバルディリス選手が飛びついてグラブに当てたものの後逸してしまい3ベースヒットにしてしまい、1点先制されます。

もう、この後はぐだぐだになってしまいました。結局この回は2点どまりでしたが、完全にノックアウト状態でした。良く2点で止まったものだと思いました。

野手陣は2点差ということもあり6回表に反撃します。四球と連打で満塁として鳥谷選手の投ゴロの間に1点取りました。願わくばこの後にチャンスにヒットを打って同点にしておいてほしかったですね。

ところが6回裏に登板した江草投手が3ベースヒット+次の打者にワイルドピッチでいきなり1失点。その後もヒットを打たれて降板。なおも代わった渡辺投手が連打を食らって4点を失って、試合が終わってしまいました。

結局6回の守備で野手陣が白けた感じなってしまったんでしょうね。7,8,9回の攻撃も淡白なものでした。

バルディリス選手のライトの守備に関しては、良いとはいえませんが、彼に関しては守備よりも打撃優先で使っているから悪くは言えません。

むしろポジションをセカンドにして関本、新井選手を天秤にかけて2,3塁で起用するとかを首脳陣が考えなかったことが問題だと思います。

さらに先日の中日戦でもそうでしたが、狩野捕手は足を使ってくるチームに対しては通用しないと思われます。

結局送球に難のある捕手を使うと、捕手だけでなく投手に対しても課題なプレッシャーをかけてしまうことになるので、今の阪神のチーム状況から考えれば清水捕手を使うことを考えないと同じ結果が続くと思います。

また借金が9になってしまいました。正直言ってこのチーム状況が変化するような要因が見当たりませんね。

矢野選手も少しは肘の状態が良くなりつつあるようですが、実戦で試してまた悪くなるという繰り返しのようにも思えますし、早期の1軍復帰というのは望めそうもないですね。


この試合の詳細な試合情報は阪神タイガースの球団サイトで>>
この試合の詳細な試合経過は阪神タイガースの球団サイトで>>

  • サイト
  • facebook
  • twitter

PCからタブレット、スマホまで対応いたしました。ガラケーもとりあえず対応しております。

終盤期待する若手選手は?


* (1票)

* (票)

* (票)

* (票)

* (票)

阪神タイガース2軍鳴尾浜情報の新着画像