このページをクリップ

インターネットでもいか焼き購入可能!【阪神百貨店】


前回の開幕戦から今シーズン2度目の観戦となります。

ウェスタンリーグは各チーム7〜9試合を消化して,首位から最下位まで2.0ゲームという団子状態になっています。

阪神はこの試合の始まる時点で3勝3敗1引き分けとなっています。

スタメン

開幕当初は上本選手が2番に入っていましたが、ちょっとお疲れなんですかね。最近、ノーヒットの試合もあり、スタメンを外れることもあったりしてました。

今日も8番に入ってます。

さらに4番は林選手と思いきやバルディリス選手が打っています。林選手はどうしたんでしょうね。2軍では格の違いを見せつけても良いはずなのに。

投手陣

阪神の先発は初先発となるルーキー簫投手。

立ち上がりからストレートのコントロールもよくカウントを悪くすることもなくオリックス打線を抑えてくれてました。

3回までは四球で走者を一人出した以外はほぼ完璧でしたね。ただ、スローカーブのコントロールが今一だったようでそれが良くなればもっと良い投球になるのではないかと思います。

野手陣

初回が全てですね。オリの先発光原投手が先頭の藤原選手に2ストライクまで簡単に取ってから手こずって四球、その後連続四球となり2ゴロをエラーされヒット、犠牲フライの後1アウトを取ってから4連打されて、一気に6失点。

オリはこの投手を育てるつもりなのか、他に投げさせる投手がいないのか、火だるま状態でも換える気配さえなく続投。

ですが、2回以降阪神打線は光原投手の前に沈黙するという、1軍の打線のお株を奪うような状態となり、試合は膠着します。

  • サイト
  • facebook
  • twitter

PCからタブレット、スマホまで対応いたしました。ガラケーもとりあえず対応しております。

終盤期待する若手選手は?


* (1票)

* (1票)

* (4票)

* (1票)

* (票)

阪神タイガース2軍鳴尾浜情報の新着画像